クレオタな私は三井住友VISAカードをなぜ持っていなかったのか

night_city

私はクレオタ

突然だが、私はクレオタである。

いきなりこのような告白をされても困ると思うが、クレオタとは「クレジットカードオタク」の略であり、世に出回っているクレジットカードの情報をくまなく収集する人たちを指す。

主な出没場所は、クレファン

現在、私が所有しているクレジットカードは、以下の通り。

  • ダイナースクラブ プレミアムカード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • JCBゴールド・ザ・プレミア
  • ルミネカード
  • エポスプラチナカード
  • エムアイカード
  • タカシマヤカード ゴールド
  • ペルソナカード
  • Amazon MasterCard ゴールド
  • ヨドバシゴールドポイントカード・プラス

なぜか10枚もある。自分でも多すぎると思うが、本当のクレオタはカードを20枚以上所有していることもザラなので、特別珍しいケースではない。

今回、ブログを開始するに当たり、他のクレオタの皆さんのように、クレジットカードの紹介をしてみたいと思っていた。

ただ、クレジットカードは、アフィリエイト界では超激戦物件とされており、私が戦地に本気で挑んだところで討死必至である。

そのため、このブログでは、あくまでも個人的な目線から語りたい。

もう一度確認

今回なんと、あの三井住友カード様から、「三井住友VISAカード」のご紹介の許可が得られたので、張り切って記事を書いてみよう。

と、勢いだけは良かったが、先ほどのリストをもう一度見直してみる。

なんと、そこには三井住友VISAカードの姿がない

いや、わざとらしいのでここまでとするが、私はクレオタにもかかわらず、この日本で一番メジャーなクレジットカードを持っていないのである。

三井住友VISAカードを持っていない理由

なぜ、私が三井住友VISAカードを持っていないのか。その理由についてしばらく考えてみた。

そして、私が辿り着いたのは、「三井住友VISAカードには、突出した特徴がないため」という結論だった。

一般的に、クレジットカードには、「ポイントの還元率が高い」「航空会社のマイルが貯まりやすい」「お店で一定の割引が受けられる」「年会費が永年無料」など、これが最大の武器だというわかりやすい特徴がある。

クレオタは、それぞれのカードのメリットを活かして、使い分けている。

その点、三井住友VISAカードは、どの面においても一定の水準以上の品質をそつなく、まんべんなく兼ね備えており、これを1枚持っていれば、事が足りてしまう。

そのため、複数のカードを所有したいクレオタにとっては、その魅力が魅力として映りにくいのだろう。

どえらいカードの実力

逆に言えば、三井住友VISAカードは、「クレジットカードは1枚だけで済ませたい」という人にはぴったりのカードである。

ネットでは、どえらいカードとしてネタにされるほどだが、その実力について簡単に説明する。

どこでも使える

クレジットカードにはVisa、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス(アメックス)、ダイナースクラブなどの、国際ブランドがある。

このうち、JCB、アメックス、ダイナースクラブは、利用者側の特典が多いが、加盟店側の手数料が比較的高いため、お店から利用を断られることがある。

しかし、VisaとMasterCardは、ほぼどこでも使える。特に、Visaは世界で一番メジャーな国際ブランドであり、決済力が高い。

クレジットカードを複数使い分けるのは面倒。と感じているのであれば、Visa一択である。

誰でも知っている

Visaの中でも、三井住友VISAカードは、日本で最も認知度が高いカードの一つだろう。

三井住友VISAカードよりステータスが高いカードは他にもある。だが、そのようなカードはレアなため、普通の人は目にすることが少ない。ゆえに、高級店以外では、残念ながらあまり認知されない

それに対し、三井住友VISAカードは、クレジットカードについて詳しくない人でも、知っている。店員さんに土下座はされないが、まず間違いなく、信用はしてもらえる。

また、三井住友カードは銀行系のため、アメックスなどと比較すると、実直な印象を与える。という面がある。

真面目に会社勤めをしている真人間として見られたい。という場合は、このカードが最適である。

自分も欲しい

他にも、年会費割引の特典や、電子マネーiDなど、さまざまな便利な点がある。

このように考えると、私も発行を申し込んでもいいような気がしてきた。だが、私の場合、カードを持ちすぎなので、我慢

もし、三井住友VISAカードについてより詳しく知りたい場合は、他の大手クレジットカードブログを参考にしてみると良いだろう。(ここまで競争する気がないのも、どうなのか







Leave a comment